大陸製HIDを実験その2

  2012年3月の記録

 大陸製のHIDの照射実験を、夜になってからしました。

 この通り大陸製HID・H4・Lo・Hiのグレア光が酷いです、正に醜い光ですね
斜め右下方向に漏れる光がヘッドランプの反射板で飛び散り大型ドライバーの
顔を照射していました。

 基本的に、ランプは反射板からの跳ね返りで光を照射して照度の確保していますね
従って、ヘッドランプの下方向の光が反射板を返して、上方向を照射するので、大型
ドライバーを直撃してしまうのです、逆に必要なのは、上半分です。

 900.jpg

画像は、Lo見たくないほどのグレア

 9000.jpg



 あまりにも眩しいのでので、画像を縮小しました、これでもましな方でして、すれ違
う時に太陽の漫画イラストのようにキラキラしながら、点灯している大陸製のHIDを、
よく見かけますね、これでは迷惑千万ですので、対策が必要です。

 ちなみに、ハロゲンランプは、対策らしい対策はしておりませんが、何故にそんなに
眩しくないのか、それはもともと照度が低いから、眩しく感じないだけだそうです。

 グレアの出所をシャットします、ステンレスの薄い板で施します、よくキッチン等の
水回りに使うステンレスの板に両面テープが張ったてあるやつをホームセンターで購入
します、本当は両面テープなしが理想ですが生憎これしかありませんでした。

901.jpg

 画像のように、カットしてから、両面テープをこすり落として、これをに捲きつけて
針金で固定します、板は反射を抑えるように色を塗る方もいるようですが
あえて塗りませんでした、手抜きが功を奏しました、焼けて茶色になったので乱反射は
抑えられたと思います。

 画像中央装着前の板の丸い穴は、Hi用の穴ですこれはHiビーム時に明るさを発揮して
います、改造前はシェードに四角いかなり大きい穴が開いていました、大きすぎて乱反
射してこれがLo時のグレアの一因のようです。
902.jpg

 Loの画像

903.jpg

 Hiの画像
シェードを、あまりにも多く覆ったのでグレアは、無く成りましたが暗くてハロゲンの
方がまだましと言う感じななりましたので、ステンレス板を5mm出しましたが、半分の
2~2.5mmにカットしました、やや改善しました

9008.jpg

 暗さが違うので、良い比較画像では有りませんがLo(ステンレス板2.5mm)

9007.jpg

 画像は、Hi
オレンジ色が、強調されました波長の関係で、ながけれが長いほどすり抜けるのが、お
解りいただけたでしょうか、ステンレスの板を5mmにした時の画像は、有りませんが、
オレンジをよりも色温度が下がりオレンジレッドのように感じました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック