家族キャンプin塩原グリーンビレッジ

  2010年6月21日に記録


 梅雨の合間の晴れた日に、次男家族と塩原グリーンビレッジにキャンプに行った来ました。
キャンプには、とてもいい季節です、もう少しすると虫の襲撃にあい、大変なめにあう場合
有りますからね。

 準備を、着々と進めます準備をする時間が、意外に一番楽しい時間だったりしますね
キャンプ場の定番の炭焼きバーベキューの準備をしています。

P6210036.JPG

 ワン達が、早く準備完了しないかと、待ちわびているところです、炭は急な雷雨に備えて
車の、下に保管します、しかし炭って使用する前に、約0分程、水に湿らせて水分を含ませて
から使用すると、水蒸気が燃焼に伴って、噴出して肉を柔らかく、ふっくらと焼き上げる効果
が、有りますぜひお試しあれ。

補足(乾いた炭に十分火が回ってから湿り炭を上に置く

P6210038.JPG
P6210040.JPG

 焼き上げる前に、のどを潤すあほな、次男と肉の焼けた匂いをいち早く感じて、クンクンし
ているキャバリアキングチャールズスパニエルのマリーです、
「お父さんもう焼けたんじゃないのぉ」と言いたそうです。

P6210042.JPG

 息子たちの、ワン達とダックスのねねばあさんも待ちわびている様子です。


P6210044.JPG

 散々食べた後の様子、この若夫婦、何を考えているのか二人で手をあげて同じポーズを
しています、いったい何だったのか、未だに本人たちも思い出せません。

 炭焼きバーベキューの、最中に肉の脂分が、落下して炭に火が入り燃え上がり肉を焦が
したり、近寄れなくなるような、危険な体験されところがありませんか、そう言う時の為に、
予め缶飲料の、空き缶に水を入れて置き、火が強すぎるときや、火が付いたときに(炎)に、
水を、炭にかけます少々多めにかけても、炭火の勢いが有ると、たちまち復活しますから、
大丈夫です安心したください。

補足(金属缶がベストですペットボトルはお勧めできません、科学樹脂と火は遠ざけるべき

P6210035.JPG

 どんなに楽しい時間でも、始めがあれば必ず終わりが来ます、この後併設の露天風呂で、
バーベキューの残り香を、洗い流しました。


         まとめ
  炭は、約20分ポリ袋などに入れて、水分を含ませる
  乾いた炭に十分火が回ってから湿り炭を上に置く
  炭火の火力調整用の水を用意し置く

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック