キャンプin相馬

 2007年4月7日の記録

 大変な被害に遭われた地方を、記事にするのは憚れますが、記録を残すためにご容赦を
4月7日午前10時30分相馬に向けて出発します天気も良く暖かく絶好の行楽日和です。

 途中隣町にて買い物して、水戸インターチェンジより常磐道に
普段はあまり高速道路乗らないのを心情にしておりますが、富岡インターチェンジで降ります。

 6号線沿線の大熊町で少々遅い昼食をとまりした、この町311の、そうです原発事故の
大熊町です。
 僕の友人も、原発関係の職業に就いておりましたが、事故後退職して,未だに末就労です。

 地元採用ということで多くの方が、関係職につかれていたと言います、彼のお宅に2度ほど
お邪魔させて頂きまましたが、立派なお宅で、あの豪邸に元気な内に、住めないとは何とも
複雑な思いに、胸が締め付けられます。

 彼は、動物や植物の写真を撮るのが趣味で家の周りや山間部、沿岸部などによく行って
いたようですが、今は帰れない故郷に、どのような思い出過ごしているのか・・・。


 相馬の海岸に到着します当地は、海苔の養殖が、盛んな所ですよね。

92.jpg

 帰りに、乾燥海苔を沢山購入しました、味噌汁などに入れて飲むと美味しいですよ。

そして、集合場所に到着、一番乗りでした友人のFさんが船から上がり仮眠中でしたが、
バックブザーで起こしてしまいました。
 早速、鮮魚を頂くことに、まずは、アイナメの刺身とメバルの炭火塩焼き、あらの味噌汁

p3.jpgp4.jpgp5.jpg


 呑まないFさんを、僕と愚妻が、魚と供に肴にしてしまい、くだらない話に、お付き合い
頂きました。
 それから 午後5時ごろ Kさん到着、暫くして、Hさん到着しますそして、愚妻を宴に
残して、9時過ぎに一時仮眠、後に 明1時30分頃、起床
Nさん・Tさんが、すでに到着されていました、目覚めのワインで、宴に参加します。
 結局3時30~4時頃まで、盛り上がりました。
朝起きたら、Hさんは、帰られた後でした、そんなに早くお帰りでしたらもう少し、
眠さを我慢して、お付き合いすれば良かった。
 Cさん到着 それから NOさん到着
ハイエース談義に、花が咲き時間の過ぎるのは、あっと言う間です。
 午後3時解散となりました。
幹事のF さん、何から何までお世話になり、大変ご苦労様でした。

p1.jpg

 集合写真です200系ハイエースの友人たちです、僕のハイエース以外こハイエースは
ビルダーの製作品です。

 この橋も、震災の大津波が橋の欄干まで達したそうです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック