江別市から函館

  2009年6月16日の記録

 6月16日北の大地10日目になりす、長かった北海道の旅も、最終局面を向かえ
ようとしています、風邪気味の体調不良が無かったらもっと短く感じたのでしょ
うが、長かったように感じますね、しかし北海道の旅は、終わったわけでは、有
りません。

 さぁ気を引き締めてゆきましょう、昨晩は江別市のBさん宅で、散々ご馳走に
なり大変ご夫人にご迷惑を、おかけしまして申し訳ありませんでした、ご婦人今
度我が家に来たら、最善のおもてなしを、しますからねありがとうございました。

 そして、一路南下します、まずは恵庭の道の駅「花ロードえにわ」、で二日目
同様にワン達の散歩を行います、一度来ている所なので、迷子にはならずに、広
い公園内を、安心して、散歩します。

 さぁ出発です、帰り道は苫小牧方面ではなくて、支笏湖の温泉ホテルの日帰り
入浴券を頂いたので、入ってゆくことにします、支笏湖の北側中央で東側からき
て行き止まりの丸駒温泉です、昭和25年ごろまでは、船で宿にわたり、また船で
帰る時代が、有ったそうです、一週間に一便だそうでそういう時代にきたかった
ですね何とも魅力的な宿ですね。

6061.jpg 

 ワン達をの散歩と付近探索をしてから、入浴します無料券で入ったのですが、
この温泉の料金は、一人千円以上してました、料金が高いので、自費では入れ
ませんね、内風呂は、白濁の温泉です一通り温まってから、露天風呂へ、入る
前に看板が有りました、身長制限がありました110センチメートル以上です、
僕の胸位ある、露天風呂の水深、これでは小さな子は、溺れます。

 立って入れる温泉は、初めてでした温泉自体も良くレイクビューで眺めが良
い、しかし眺めが良いのは、良いが船が近づいて来たら丸見えです。

 支笏湖を後にして、来る時に食べた白老の白老牛ラーメン元気屋さんを
再び訪れました、入店するなり、店主が
「本当に来て下さったのですねありがとうございます」
顔を覚えていていてくれたなんて感激です、
今回は、醤油と塩ラーメンです、これで当分の間食べられないと思うと残念
でたまりませんでした。

 室蘭の白鳥大橋を渡ります、高かさが有り気分は最高です、ハクチョウに乗って飛ん
でいるかのようです。

 そして、順調に進み、明るいうちに函館のフェリーターミナルに到着しました。

 夕方の便は、混雑していて予約なしでは、当然乗れません、キャンセル待ちで、乗る
ことにして、電話番号を受付の方に教えて、暫し車の中で休憩したり、ワン達の散歩や
付近探索をしているうちに、受付の係りの方から、電話が入りました、キャンセルが、
出たそうで今度のフェリーに乗れることになりました。

 そして、青森までの船旅が始まり、北海道の旅の終焉となりました。

続く

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック