野付半島から阿寒丹頂の里

  2009年6月14日の記録

 野付半島の続きからスタートします。

 それにしても、寒い道東の悪天候に悪戦苦闘しながらの旅になってしまいましたが、
美味しいものでも食べて、元気を取り戻そうかと思い、根室の道の駅「スワン44」にて
焼きウニや焼きイカと焼きタコ等々購入して車内で食べます。


6033.jpg

 てんこ盛りの、ウニは圧巻でしたね、今風に言えばワイルドだろぉかな、車内の暖かい
所で、ワン達と食べる食事は、どんな綺麗なレストランで食べるより、贅沢感がこの上
ありません。

 食後ワン達を小雨降る中、散歩をして探索します、返せ北方領土の看板が
ありました、未だに先祖が眠る故郷に帰れない方々の苦労を、じっと胸に感じ入る時を
過ごしました、軍事上の観点から、簡単には返さないのは、解るのですが、早く
返してあげてほしいです。

 続いて、根室半島の先端まで、行こうと旅ね出るまでは、心に決めておいたのですが
悪天候の為に、断念することにします。

 それでは、方向を変えて厚岸方面に向かいます、程なくして厚岸の道の駅
厚岸グルメパーク」に到着しました、駅内に魚介市場やレストランが有りました
風邪による体調不良を、牡蛎のパワーで吹き飛ばすことにします。

 カキフライ、焼きガキ、カキの天ぷら等々まだ食べましたが、覚えきれません
ご容赦を、これだけ食べれば、明日には必ず回復しているはずいや回復を願う。

 それから、内陸部に進みます、今夜の宿となる道の駅「阿寒丹頂の里」到着
しました、ことらの道の駅も温泉施設が隣接している道の駅です。

 まだ小雨が、時折降るあいにくの天気ですが、ワン達の散歩をします、
この季節には、丹頂鶴が飛来するはずもなく、閑散としておりますが、
かえって、ワン達散歩には好都合です、混雑する場所は、迷惑をかける
可能性が、高まりますからね。

 そして、温泉に入り、カキのパワーと温泉のパワーそして北海道の牛乳で
風邪気味の体調不良を、吹き飛ばすぞぉ、汗が止まらないほどに、長湯に耐えて
売店で腰に手を当て牛乳を飲み干します。

 するとハンバーガの様なものが、販売されていました、エゾシカバーガーです
知床峠で、見たあの可愛らしい鼻のエゾシカですよ、でも購入しました。

 感想はサッパリとして固くてボソボソです、可哀想な事をしました、当然最後
まで食べましたが、購入しない方が良かったんじゃぁ、ないかなと思いました。

 そして今夜は、暖かくして寝るだけとします、飲み物は先ほどの牛乳のみと
してワインは、お預けとして、おとなしく寝ました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック